私立保育園協会の概要
活動報告
加盟保育園

求人情報

トップ  >  さいたま市私立保育園協会 令和2年度事業計画

令和2年度 事業計画

1.「新型コロナウイルス感染症」「子どもの権利」「幼児教育の無償化」「子ども・子育て支援制度」「安全管理」「危機管理」「災害対応」等各課題に応じた情報収集に努め、意見・要望を訴える。

・国や市の動向を注視しつつ、各会員からの意見も取り入れながら適宜、担当行政へ意見・要望を訴え、必要に応じて会員への説明を求める。特に新型コロナウイルス感染症に関する対応については会員園への丁寧な情報発信とさいたま市への要望を行うこととする。
・「子ども・子育て支援制度」への理解を深め、「国の子ども・子育て会議」と「さいたま市の子ども・子育て会議」の動向を注視しながら、保育水準が今後も維持、充実していくよう意見・要望を訴える。
・市と連携を図りながら子どもの安全が保障される園運営を目指す。(災害時の休園判断、国のガイドラインに基づいた運営の徹底、マニュアル作り等)

2.さいたま市における保育園に対する予算措置の充実を求めると共に、児童処遇の水準が低下しないよう事業を推進する。

・全国組織、県組織との連携を図り、予算獲得へ向けた情報収集と行政への働きかけを行う。
・他の政令指定都市や地域の取り組みなどを参考に、多様な保育ニーズに積極的に応えていくための法制度及び予算の充実を求めていく。

3.保育行政や各団体との連携推進を図る。

・担当行政や各団体との連携を密にし、市の保育行政の充実に寄与する。
・全国組織や県組織、他団体との連携の為の議論を進める。
・さいたま市私立幼稚園協会と共催の研修会を実施予定。

4.社会福祉施設として求められるガバナンス(法令順守・民主的、協働的な運営・地域に根ざした運営)の在り方を共に学んでいく。

・会員園に対して、社会福祉法人制度の理解を促し、政省令の浸透を図りながら、積極的に情報収し、必要に応じて意見反映を目指す。
・定例会等で管理職(理事長、園長)を対象にした全体研修会の実施
・監査指導課との研修会の開催(案)


5.保育士の人材確保、処遇改善に関する事業

・保育人材確保に関する連携協定を生かした採用活動等
・全国的に深刻な保育士不足等、諸課題に対して必要な情報収集や調査活動を行い、会員への情報提供 に努め、行政との連携を図る。
・就職説明会の開催、養成校との連携、ホームページを活用した広報等
・福祉人材センターとの連携
・職員の処遇改善を筆頭に、必要と思われる人材確保の為の意見・要望を提言していく。

6.効果的・効率的な運営体制の推進と組織の活性化の為の取り組みを進める。

・会員の声が反映される組織活動を目指す。(定例会前のアンケート等)
・会員園の更なる増加を目指すため、非会員園への積極的な加入促進の働きかけを行う。
・保育関係業者との連携を図り(賛助会員)会員園に、より良い商品をより安く提示できるように努める。
・円滑な運営に繋がるように適宜、規程等を見直し事務局業務の見直しを行う。

7.各区長会議・各区会議の充実

・区長会議や各区支援課担当職員との意見交換や情報収集に努める。
・区ごとに独自の会議や研修等を行い、積極的に各区での連携を図る。

8.各施設における保育の質の向上に向けた活動の強化

・研修部会、食育部会主催の研修会の実施
・新任研修会の実施

9.公益事業の推進

・「叩かない子育て」についての研修・広報活動(パンフレットの配布)
・「子どもの声についての条例(案)」作りなど
・社会貢献活動、地域貢献活動に関する情報収集、会員への情報提供

10.各種プロジェクトチームの立ち上げ

・医療的ケア児について
・こども園について
・入所事務について
・質のガイドラインの作成
「(仮)さいたま市保育の質ガイドライン」づくりへの提言

 

令和2年度 予算対策部の事業計画 

1.事業計画
1) 令和3年度予算要望
2) 市単独補助金増額の要望(宿舎借り上げ支援事業を5年から10年へ延長)
3) 全国政令指定都市の認可私立保育園団体との連携を強化し、保育界の動向   
を見据えた予算対策
4) 議会・行政との関係を強化し、認可保育園への理解と今後の運営の向上に
に努める。      
5) 協会理事を交えての勉強会
6) こども園の制度の勉強・確認

2.部会予定  5月以降必要に応じて随時検討

3.令和2年度予算要望スケジュール

令和2年年4月 

令和3年度予算要望(案)理事会へ提出

5月・6月

総会
部会
各市議会会派への勉強会・要望申し入れ
6月議会

7月

予算要望勉強会(前後月調整)

9月

9月議会 市長へ要望書提出

11月

部会(12月議会における補正予算に向けて)

12月

12月議会

令和3年1月

部会(市長査定、2月議会に向けて)

2月

2月議会

3月

さいたま市私立保育園長会議(保育課)

 

※随時、国・県要望も市要望とともに検討し、必要に応じて他団体・各会派への働きかけを行う。
※こども園のプロジェクトチームを立ち上げ制度の研究を行い、要望に反映する。

 

令和2年度 調査・研究部の事業計画

*今年度も、医療的ケア児の子も保育園側も安心して受け入れられる環境が整えられるようアンケートを行っていく。

*理事や部長を含めた会員の方々から各園での状況や、その時々の問題点などのご意見をいただき調査していく。

*研修などのアンケート結果を集計しまとめる。

以上のことを活動として行い、日々の会員のみなさまの悩みや思いが解消できるようにしていきたいと思います。

 

令和2年度 研修部の事業計画

今年も研修部として「子どもたちの最善の利益と発達の保障」を願い、日々の保育と向き合うために、研修・交流を重ね質の高い保育を提供することを目指します。

【研修・交流会】

研修対象者

回数

概要

理事長・園長

 

時節に応じて定例会にて

保育士研修

3回

ベテラン、中堅、若手など各々が保育を 担っていく立場でのメンタルな研修  

保健衛生情報交流会

2回

保育園の保健指導についての勉強会 
園長・保育士・看護師等の意見交換

保育園見学会

1~2回

他園の保育の姿を見て自園の参考にしよう。
・主体的な保育
・環境設定 等

保育士のための自然体験講座
(北本自然学習センター)

3回
春夏秋冬

保育者が自然の中で日々の喧騒から離れて公園内で遊び座学の中から明日の保育に繋がるアイデアを学びます

部としての手伝い参加
さいたま市保育士等研修会
さいたま市保育研究大会

 

事前準備 (担当分野にて)
受付  

 

令和2年度 食育部の事業計画

 食べる事は生涯にわたって続く基本的な営みで、乳幼児期は、食べる意欲の基礎をつくるとても大切な時期です。「食育」を通して子どもたち一人一人が心身ともに豊かに、そして健やかに成長し、「食べる力」が身についていくことを目標に活動していきます。

今年度も調理講習会を2回開催し、保育園で働く栄養士、調理師、調理員の方々の交流や知識の向上のために力を注いでいきます。また、前年度から取り組んでおります、公立保育園と私立保育園が研修会等を通して交流や情報交換を図るとともに、子どもたちへの安全な「食」の提供が保障されるよう、活動していきたいと思います。

①勉強会(さいたま市保育課共催) 定員80名
2020年7月29日(水) 14:00~16:30
内容:大量調理マニュアルに基づく衛生管理講習
場所:子ども家庭総合センター
講師さいたま市保育課 主幹 福島 雅子氏

②勉強会(さいたま市保育課共催) 定員150名
9月上旬 14:00~16:30
内容:アレルギーについて   
場所:子ども家庭総合センター   
講師:さいたま市保育課 主幹 福島 雅子氏

調理講習会の開催
2020年9月23日(水)
内容:「行事食について(詳細は検討)」
場所:国際学院埼玉短期大学 第1調理実習室
講師:あおぞらウィンクルム保育園 園長 大野 智子氏

調理講習会の実施
2020年1月28日(木)
内容:「アレルギー対応メニューについて」  
場所:国際学院埼玉短期大学 第1調理実習室
講師:あおぞらウィンクルム保育園 園長 大野 智子氏

食物経口負荷試験&スキンケア指導の見学
4月~3月
場所:さいたま市民医療センター

さいたま市食育推進協議会委員 
4月~3月
出席 食育部 小澤

 

令和2年度 広報部

会員相互の交流を図り、保育会の情報、子育て支援に関する 情報、研修会の報告と園紹介等、各部会の活動をわかりやすく、 会員の皆様に向けた広報誌を発行します。

【年間活動計画】

6月
第1回
広報部会
・「みらい23号」について構成、特集記事の企画等
・表紙・わくわくページの写真の募集
・原稿・園紹介の依頼先の確認
・原稿依頼の分担
7月
第2回
広報部会
・「みらい23号」の表紙・わくわくページの写真選考
・新園紹介の内容確認
・記事の確認
8月
「みらい23号」発行・配布 800部
10月
第3回
広報部会
・「みらい24号」発行について構成 ・記事内容の企画等  
・表紙・わくわくの写真の募集  
・園紹介の依頼先の確認  
・原稿依頼の分担
11月~12月
第4回
広報部会
・「みらい24号」の表紙・わくわくページの写真選考  
・原稿内容の確認
1月
「みらい24号」の発行・配布 1000部
4月~3月
定例会において受付業務の協力

 

 

令和2年度 雇用対策部

これから保育士になろうと考えている方や、すでに保育士の資格を持っている方に、さいたま市私立保育園協会の魅力を知っていただき、働きたいと思うよう イメージUPと採用につながるように努めていきます。

活動内容
①私立保育園をPRしていけるようにイベントを主催する。
②保育フェス、就職説明会を主催する。
③養成校に向けて私立保育園協会の魅力をアピールしていけるように協会のパンフレットを作成し、配布していく。

保育フェス開催  6月6日(土) 13時~17時
保育園あそび紹介コーナー
おやつ紹介コーナー
さいたま市私立保育園加盟園紹介コーナー など

保育フェス開催  7月4日(土) 13時~17時  ※新型コロナウィルス感染拡大のため中止
保育園あそび紹介コーナー
おやつ紹介コーナー
さいたま市私立保育園加盟園紹介コーナー など

保育フェス開催  8月29日(土) 13時~17時  ※新型コロナウィルス感染拡大のため中止
保育園あそび紹介コーナー
おやつ紹介コーナー
さいたま市私立保育園加盟園紹介コーナー など

保育フェス開催  10月31日(土) 13時~17時  ※新型コロナウィルス感染拡大のため中止
保育園あそび紹介コーナー
おやつ紹介コーナー
さいたま市私立保育園加盟園紹介コーナー など

友達に伝える
前
さいたま市私立保育園協会 2019年度事業計画
カテゴリートップ
TOP